*

あなたは夕食に”お菓子”を食べている?

公開日: : 最終更新日:2018/06/03 健康粗食グルメ , ,

夜9時過ぎに食べるのは「夕食」ではなく、「夜食」です。

あなたは、夕食に何を食べていますか?
都会の勤め人の多くは、こう聞かれたら首をひねることでしょう。そして、「夜9時以降には食べているけれど、夕方には何も食べていない」と答えると思います。
しかし、それは大きな誤りです。実は、ほとんどの人が夜食をとる前に、夕食もとっているのです。
ただ、無意識のうちにとっているために、「夕食をとった」という自覚がないだけなのです。

太らない間食 [ 足立香代子 ]

それでは、何を食べているのかわかりましたか?
それは、男性なら缶コーヒー、女性ならばチョコレートやお菓子です。
もちろん、男性でお菓子を食べている人もいるでしょうし、女性で缶コーヒーを飲んでいる人もいるでしょう。要は、そうしたものを食事としてとっているのです。
「缶コーヒーやお菓子は食事ではない」と思うかもしれませんが、どちらも十分なカロリーを含んでいます。ちょっとした食事といっても差し支えありません。
そうして中途半端な夕食をとり、夜食でさらに腹いっぱい食べているのが現代人の食生活の問題点です。
なぜ、そんなことになったのかといえば、昼食と夕食(実は夜食ですが)の間が開きすぎているからです。

人にもよりますが、10時間前後は開いています。この10時間を空腹でいられる人はめったにいません。そこで、小腹減らしのために缶コーヒーやお菓子をとっているわけです。


よろしかったら1クリックm(_ _)m≫ にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村

googie_ad

関連記事

江戸時代

食べたいときに食べる方が自然

朝食6~7時、昼食12時、夕食6~7時という食事パターンは、遠い昔からあったわけではありません。

記事を読む

夜食の時間に夕食をとっている現代人

あなたはいつも何時に夕食をとっていますか? 夜の七時ころでしょうか? それとも八時ころでしょうか。

記事を読む

納豆

なぜ旅館の朝食はなぜ美味い?

夕方の空腹を缶コーヒーやお菓子でまぎらわしても腹にはたまりません。 あくまでも当座しのぎの小腹減ら

記事を読む

ソバ

そば屋のそばの量はなぜ少ないか

江戸時代前半までの人たちは、1日二食が一般的でした。 朝と夕方に食事をしていたようです。 しかし

記事を読む

深夜に夕食をとる現代人の生活

深夜に夕食をとる生活を、いち早く始めたのは、新聞記者の人たちでした。 新聞記者は、「夜討ち朝駆け」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

googie_ad


にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 人気ブログランキング

follow us in feedly最新の更新情報
PAGE TOP ↑
源泉分離課税