*

夜食の時間に夕食をとっている現代人

公開日: : 健康粗食グルメ ,

あなたはいつも何時に夕食をとっていますか?
夜の七時ころでしょうか? それとも八時ころでしょうか。
総務省統計局の2011年「社会生活基本調査」では、夕食開始時間の全国平均(10歳以上)は19時6分だそうです。
しかし、会社勤めやご商売をしている人の夕食は、もっと遅いことでしょう。
早くて夜9時、場合によっては深夜の11時、12時という人も珍しくないと思います。
でも、よく考えてみてください。夕方の食事だから夕食というのです。夜9時過ぎに食べる食事は、もはや夕食とは言えず明らかに夜食と言っても過言ではありません。

夜食と言うと、受験勉強をしている学生が、茶漬けをかきこんだり、うどんをすすっている様子を思い浮かべるかもしれません。
夜食にガッツリ焼肉を食べたり、ご飯をモリモリおかわりするというイメージはありません。
ところが、普通に夕食だと思っている時間は、本当は夜食の時間なのです。そして、最大の問題は、すでに夜食の時間帯なのに、本人はいつもの習慣で自覚がない事にあります。
夕食のつもりで、焼肉や丼物を、お酒などとともに腹いっぱい食べているのです。これこそが現代人の食事の生活習慣の大きな問題点なのです。
かつての日本人は、朝食6~7時、昼食12時、夕食が夜6~7時というリズムで食事をしてきました。
この食事リズムの特徴は、夕食から翌日の朝食まで約12時間空いているという点にあります。ですから、夕食をしっかり食べても、次の朝の朝食時には空腹になっているわけです。
ところが、現代は”夕食”を夜9時以降にとっています。しかも、実際は夜食の時間帯にもかかわらず、本人は夕食の感覚でたっぷりと食べている。
その結果、翌朝消化不良で胃がもたれ、寝起きがすっきりしない。不快な気分のままの出勤となる訳です。これが毎日の事となれば、健康に良い訳はありません。
これまでの、「健康のために食べるもの」や「夕食のバランスレシピ」と言った話題から、今では食事時間も重要なチェックポイントとなっています。
夕食についても、夜6~7時の食事についてなのか、夜10~11時の食事についてなのかで、まったく違ってきます。何しろ4時間も差があるのです。
たとえば、夜7時ならば、食事はしっかり食べましょうと言えますが、夜10時だとそうはいきません。寝る直前にご飯を食べろとは言えせん。「何を食べるか」から、「何時に、何を食べる」のかをしっかり考え、夜食のための粗食グルメをご紹介します。


よろしかったら1クリックm(_ _)m≫ にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村

googie_ad

関連記事

間食

あなたは夕食に”お菓子”を食べている?

夜9時過ぎに食べるのは「夕食」ではなく、「夜食」です。 あなたは、夕食に何を食べていますか? 都

記事を読む

深夜に夕食をとる現代人の生活

深夜に夕食をとる生活を、いち早く始めたのは、新聞記者の人たちでした。 新聞記者は、「夜討ち朝駆け」

記事を読む

納豆

なぜ旅館の朝食はなぜ美味い?

夕方の空腹を缶コーヒーやお菓子でまぎらわしても腹にはたまりません。 あくまでも当座しのぎの小腹減ら

記事を読む

ソバ

そば屋のそばの量はなぜ少ないか

江戸時代前半までの人たちは、1日二食が一般的でした。 朝と夕方に食事をしていたようです。 しかし

記事を読む

江戸時代

食べたいときに食べる方が自然

朝食6~7時、昼食12時、夕食6~7時という食事パターンは、遠い昔からあったわけではありません。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

googie_ad


にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 人気ブログランキング

follow us in feedly最新の更新情報
PAGE TOP ↑
源泉分離課税