*

キッチンの「小物」利用でクイック調理

○ゴムヘラで魚のウロコとり
いざ、鮮魚でおもてなし料理でもと思っても、魚のウロコをとるとき、包丁の背でこそぎとろうとすると、ウロコがそこら中に飛び散る。あと始末が大変だ。
そこで、ゴムヘラにおまかせ。 ヘラの丸くカーブしたところをあて、尾から頭へ向けて、ウロコをこすりあげる。飛び散ることなく、かんたんにウロコがとれるクイック調理法です。

○カップ麺の容器で温泉卵
黄身はねっとり固まり、自身はプルプルの温泉卵。65~70℃に保った湯に卵を20~30分入れておくと、そんな、まったりおいしい温泉卵ができあがる。
温度計を手に、鍋につきっきりでつくる人もいるが、その必要はなし。 カップ麺の空容器に室温の卵を1~2個人れ、熱湯をふちまでそそいで小皿でフタをする。あとはそのまま15~20分おくだけ。
○ラップの芯で生地のばし
ラップの芯は、硬くて丈夫。わざわざ、めん棒を買わなくても、菓子や麺の生地は、ラップの芯できれいにのばせる。「使いかけのラップを使う」のがコツ。芯だけの場合より硬くて使いやすいうえ、表面が汚れたときも、後始末はラップを1周分切りとるだけですむ。
○叩くと美味しさが増す食材
おもてなしレシピに多いレンコンやヤマイモなどは、包丁でみじんに切ったり、すり鉢でするよりも、ラップの芯でたたくクイック調理で、手早くおいしくできる。
材料をポリ袋に入れ、上からラップの芯でたたく。みるみる細かくなるうえ、もちもち感も出て、より食感がよく仕上がる。 コロコロ転がるナッツ類のみじん切りも、この方法がおすすめ。
○キンピラゴボウもラップの芯で
キンピラゴボウは、ゴボウをささがきか、千切りにするのがふつう。でも、これ、思いっきり手間のかかる作業だ。
そこで、ゴボウをラップの芯でたたく。たちまち縦に亀裂ができるので、適当な長さに切り、手で完全にさく。 あとはゴマ油で炒めて味をつけるだけ。 表面積が大きいぶん、味もよくからみ、クイック調理なのに、ふつうのキンビラよりおいしいほど。おもてなしの一品にどうぞ。



よろしかったら1クリックm(_ _)m≫ にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村

googie_ad

関連記事

「煮る」「ゆでる」「炊く」の時短ワザ

○煮こみ時間は短いはうが味がしみる?! 煮物は「コトコト時間をかけて煮ないと、味がしみこまない」と

記事を読む

「焼く」「炒める」「揚げる」の時短ワザ

○焼き鳥は焼く前にレンジヘ 焼き鳥は、単純な料理だけれど失敗しやすい。 タレに砂糖が入っているの

記事を読む

「あえ物」「小鉢」の時短ワザ

○オニオンスライスの辛味はタレで抜く オニオンスライスは、「水にさらして辛味を抜いたタマネギを器に

記事を読む

おもてなし「極うまスープ」の簡単レシピ

○味のついたおかずを利用 「スープは長時間煮こまないと、味が出ない」なんて思っている人、それは誤解

記事を読む

カボチャ煮込

煮込みの調理のクイックレシピ

カボチャ煮込みも電子レンジで5分! 煮込み料理は鍋でコ卜コ卜煮込まなければ、という思い込みがウソの

記事を読む

タマネギのらくらくクイックレシピ

タマネギのみじん切り炒め 肉料理や魚の風味付け、スパゲッティミートソースなど幅広いメニューに使われ

記事を読む

「極上ダシ」のとり方簡単レシピ

○気軽に「手作りダシ」をとる極意 和食の煮物や味噌汁は、ダシがおいしさの決め手。 忙しいときはダ

記事を読む

貝

貝類のクイック仕込み

手早く済ませたいアサリの砂抜き アサリは海に生息する貝なので、海水と同じ濃さ(濃度3%くらい)の塩

記事を読む

1人分のごはんのクイック炊き

土鍋でふっ<らクイック炊飯 1食1人分だけ、ちょっとごはんが足りないときなどに、便利な方法がありま

記事を読む

ウィンナーソーセージ

スピード料理にはウィンナーソーセージ

ウインナーソーセージは焼くだけでなく、ゆでる、炒めるなど幅広く調理できるので、スピード料理には欠かせ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

googie_ad


にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 人気ブログランキング

follow us in feedly最新の更新情報
PAGE TOP ↑
源泉分離課税