*

鍋料理、極うまリメイク術

公開日: : 最終更新日:2017/03/16 リメイクメニュー , ,

○美味しく変身させるヒント
鍋料理が残ると、ご飯を足して雑炊か、うどんを足して煮こみうどんか、というあたりが、お決まりのコース。
それも美味だけど、次回は「和食」のイメージをくつがえすリメイクに挑戦しては?
これが、驚きのうまさで、おもてなし料理に遜色はない一品です。

【送料無料】博多豚骨牛もつ鍋2人前【高級国産牛小腸300g】野菜もたっぷり入って、用意して頂く...

【送料無料】博多豚骨牛もつ鍋2人前【高級国産牛小腸300g】野菜もたっぷり入って、用意して頂く…

○イタリア風〈トマト雑炊〉
寄せ鍋、たらちり、カニすきが残ったときに、とくにおすすめのレシピ。
残った鍋の具は食べやすい大きさに切る。小鍋に移し、つゆを少し加える。トマトジュース小1缶を加え、少し煮つめる。
軽く水洗いしたご飯を加え、温まったらできあがり。塩コショウで味をととのえ、あればパセリをふる。
○濃厚〈チーズリゾット〉
具がまったく残っていなくてもOK。チーズの濃厚なコクで、鍋の残り汁だけでもおいしいリゾツトに。
小鍋に残り汁を2カップ入れる。足りなければ水を足す。米2分の1カップ、バター大さじ1を加え、フタをして約20分煮る。焦げつかないようにときどきかき混ぜる。
塩コショウで味をととのえ、粉チーズをたっぷり加える。よく混ぜて火を止める。
ご飯が煮あがる少し前にキノコ類を加えると、まさに本格派のおもてなしリゾツトになる。
○チーズ風味の〈煮こみパスタ〉
上記レシピは、米をマカロニなどのショートパスタにかえてもおいしい。
パスタを煮こむ時間は、袋に表示してある時間より、少し長めに煮こむのがコツ。味がよくなじむ。
○トマト風味の〈煮こみパスタ〉
鍋の残り汁でパスタを煮こむとき、市販のトマトソースを1カップほど加えて煮こんでもおいしい。
パスタがほどよい固さになつたら、モッツァレラか、ピザ用チーズをたっぷり混ぜ入れる。溶けたらできあがり。あれば、パセリのみじん切りをふる。 鍋料理のリメイクにはとても見えない、素敵なおもてなし料理となる。



よろしかったら1クリックm(_ _)m≫ にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ
にほんブログ村

googie_ad

関連記事

おもてなしに便利なリメイク「お助け素材」

「定番おかず」をおいしくリメイクして、おもてなし料理に変身させるヒントの紹介です。 あらゆる料理に

記事を読む

コロッケ、楽うまリメイク術

○満腹〈スペイン風オムレツ〉 コロッケはリメイクしやすく応用もしやすいのでおもてなし料理のおかずに

記事を読む

肉じゃが、リメイクでおもてなし

○和のイメージを一新する 肉じゃがのリメイクは、和のイメージを大胆に変えるのがコツ。 たとえば、

記事を読む

カレーの激うまリメイク術

○マイルドな味の素材との相性 カレーは、刺激的な味を生かしてリメイクするのがコツ。卵、チーズ、豆腐

記事を読む

ハンバーグ、凄うまリメイク術

○タネづくりの美味のツボ ハンバーグは、けっこう手間のかかる料理。まとめづくりしておくと、とっさの

記事を読む

定番グルメを「激うま」リメイク

○リメイクを成功させる3大秘訣 どんなにおいしいおかずも、同じ物が何度も続くとイヤになるもの。そこ

記事を読む

ギョーザ、超うまリメイク術

○冷凍する前の約束ごと ギョーザは少しっくつても、たくさんつくっても、手間はそう変わらない。まとめ

記事を読む

鶏のから揚げ、リメイクでおもてなし

○美味しく変身させる2つのコツ 揚げ物は手間がかかる。鶏のから揚げも、一度にたくさん揚げて冷凍スト

記事を読む

刺身(さしみ)のリメイクで、おもてなし

○少し残った刺身(さしみ)は 食べ残した刺し身は、冷蔵庫のチルド室へ。翌朝、塩焼きか、照り焼きにす

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

googie_ad


にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 人気ブログランキング

follow us in feedly最新の更新情報
PAGE TOP ↑
源泉分離課税