*

カニ缶で、最高おもてなしメニュー

○豪華な一品〈カニのひと口寿司〉 美しい彩り。おもてなし料理にもってこい。 カニ缶は飾り用に脚を6本残し、残りは細かくほぐす。 温かいご飯に酢、砂糖、塩を加え、寿司飯をつくる。 炒った白ゴマ、ほぐ

続きを見る

ツナ缶で美味しいおもてなしレシピ

○簡単おいしい〈ツナディップ〉 パーティーのカナッペ、酒の肴に最高!おもてなしの一品。 フードプロセッサーに、缶汁をきったツナ、生クリーム、クリームチーズ、粗みじんに切ったタマネギ、レモン汁少々、

続きを見る

サンマやイワシの缶詰で10分クッキング

○さっぱり風味〈タマネギのっけ焼き〉 タマネギ+レモンで、蒲焼がさっぱりした風味の一品に。 サンマかイワシの蒲焼缶詰のフタをあけ、薄くスライスしたクマネギをのせる。 魚焼き網にのせて加熱。温まった

続きを見る

サパ缶でおもてなしのクイックレシピ

○副菜に最高、サバ大根 大根7cmは厚めイチョウ切りに。ポリ袋に入れて電子レンジで約4分加熱する。 鍋にサバの味付、もしくは味噌煮を缶汁ごと入れ、酒、大根、ショウガの薄切り2枚を加えて煮る。大根に味

続きを見る

缶詰が絶品おもてなし料理に!

○缶詰は目立つ場所に収納 「買い物に行くのが面倒」なんてときに便利なのが、ツナ缶、焼き鳥缶などの調理缶詰類。もちろん、そのままで食べられるけれど、ひと工夫すれば、主莱にも副菜にもアレンジできて、それ

続きを見る

キッチンの「小物」利用でクイック調理

○ゴムヘラで魚のウロコとり いざ、鮮魚でおもてなし料理でもと思っても、魚のウロコをとるとき、包丁の背でこそぎとろうとすると、ウロコがそこら中に飛び散る。あと始末が大変だ。 そこで、ゴムヘラにおまか

続きを見る

道具1つで一気に2品のクイックレシピ

○同じ鍋で2品つくる旨早メニュー 1つのフライパンや鍋で、2品のおかずを一気につくる。道具が汚れても、途中で洗わず旨くて手早いおもてなしメニューです。 トライするさいは、素材や調味料、調理油は、記

続きを見る

おもてなし「極うまスープ」の簡単レシピ

○味のついたおかずを利用 「スープは長時間煮こまないと、味が出ない」なんて思っている人、それは誤解。 味のついているおかずを具に利用すれば、温める程度でおいしい、ボリュームたっぷりの美味しいスープ

続きを見る

「あえ物」「小鉢」の時短ワザ

○オニオンスライスの辛味はタレで抜く オニオンスライスは、「水にさらして辛味を抜いたタマネギを器に盛り、酢じょう油をまわしかける」というつくり方が一般的。 この水にさらす手間と時間を省くワザ。まず

続きを見る

「焼く」「炒める」「揚げる」の時短ワザ

○焼き鳥は焼く前にレンジヘ 焼き鳥は、単純な料理だけれど失敗しやすい。 タレに砂糖が入っているのですぐに焦げて、「外側は黒焦げ、中は生焼け」なんてことになりがち。そこで、タレをからめる前に、電子レ

続きを見る

粒マスタード、極うまの活用術

○マスタードは隠し味に最適 マスタードも和がらしも、原料は同じからしの種子の粉末。でも、加工方法が違う。和がらしは、粉末を水でとき、練りあげる。いっぽう、マスタードは、粉末をワインやワインビネガーで

続きを見る

ピーナッツバター、超うまレシピ

○エスニック料理に大活躍の食材 ピーナッツバターは、「子供の食べ物」のイメージがあるけれど、大間違い。 エスニック料理店で人気のインドネシア風串焼き(サテ)やサラダ(ガドガド)などは、ピーナッツバ

続きを見る

オイル・サーディン、凄うま活用術

○缶詰の油は捨てず料理に使う オイル・サーディンの缶詰を買うときは、原材料の油をチェック。 ふつうのサラダ油ではなく、オリーブオイルや、エクストラバージンオリーブオイルにサーディンを漬けこんだ製品

続きを見る

アンチョビでおもてなし料理を

○本格イタリアンを作る近道 アンチョビは、ヒシコイワシを塩漬けし、熟成させたもの。日本では、ピザやサラダのトッピングに使う程度だが、本場イタリアでは食材の定番だ。 たとえば、いつもつくっているイタ

続きを見る

おもてなしに便利なリメイク「お助け素材」

「定番おかず」をおいしくリメイクして、おもてなし料理に変身させるヒントの紹介です。 あらゆる料理に使いまわせる「リメイクお助け素材ベスト5」のレシピや リメイクのアイデアが浮かばないときの ご参考

続きを見る

googie_ad


にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 人気ブログランキング

follow us in feedly最新の更新情報
PAGE TOP ↑
源泉分離課税