*

面倒な野菜の皮の処理

残留農薬などを心配するせいか、野菜はなんでも皮をむくのが当たり前のようになっています。 しかし、じつは野菜の皮に栄養が含まれていることもあります。 【冬の旬野菜】

続きを見る

キャベツのクイック下処理

○千切りキャベツをおいしく サラダや煮込み、漬物など用途の広いキャベツは、さっと洗ってそのまま手でちぎるのがいちばん早い調理ワザといえるでしょう。しかし、トンカツなどの肉料理の付け合わせには、千切り

続きを見る

トマトのクイック便利わざ

○トマトの皮むきをつるっと一瞬で済ます、あぶりワザ スープやパスタソースにトマトを使うときは皮をむきます。一般的なむき方は湯むきですが、この方法は熱湯に10秒ほどひたしたあと冷水に入れてむくので、お

続きを見る

魚の皮やイカのゲソでおもてなし

○風味の逸品〈サケの皮せんべい〉 皮のうまい魚は多いが、なかでもサケの皮はとりわけ美味。サケを料理して皮が残ったら、ぜひもう一品。 たとえば、サケの皮に軽く片栗粉をまぶし、ゴマ油でパリッと揚げて皮

続きを見る

野菜の茎や芯も美味しいレシピ

○「ブロッコリーの茎」で簡単3品 ブロッコリーの茎は固いが、甘味の濃い部分。捨てたらもったいない。 皮を厚めにむいて料理すれば、食卓を彩るおもてなしメニューに生まれ変わる。 ・おひたし―茎は短冊

続きを見る

タマネギやジャガイモで美味しくおもてなし

○タマネギ・ジャガイモをおもてなしの主役に 日本では、タマネギとジャガイモが食事の「主役」になることはあまりない。 いっぼう、欧米では「玉ねぎのおいしさを味わう」「ジャガイモのおいしさを味わう」た

続きを見る

大根、丸ごと美味しくおもてなし

○大根は部位別に使い分ける 大根は、部分によって味わい、歯ざわりが違う。各部分の持ち味を生かして料理するのが、おいしいおもてなし料理のコツ。 ・上部―甘味と水分がたっぷり。サラダや、おろしにむく。

続きを見る

豆腐で作る絶品おもてなしのレシピ

○和風のイメージを捨ててみよう 豆腐は、和食のイメージが強いけれど、洋食やエスニックの食材とも相性◎。 豆腐をメインのおもてなし献立を考えるときは、洋食、中華、エスニックのレシピを参考にするのがコ

続きを見る

インスタントラ-メンのおもてなしレシピ

○ひと手間でインスタント臭が消える 最近のインスタントラーメンは、スープのダシにこっているなど、かなりグルメ化が進んでいる。でもやはり、化学調味料の味やにおいが鼻につく。 そこで、あとひと手間。次

続きを見る

ザーサイで中華のおもてなし料理を

○そのまま食べるより調味料がわりに ザーサイは中国の漬物。高菜の仲間である搾菜を塩漬けし、熟成発酵させたもの。つまり、おなじみ日本の漬物・べっこう色に漬かった高菜の古漬けの親戚だ。 発酵漬物には、

続きを見る

イカの塩辛のおもてなしレシピ

○生の塩辛にはないうま味を堪能 塩辛は生食するのが一般的だが、じつは加熱調理にしてもイケる。ワタのうま味が凝縮され、香ばしさも加わって、生の塩辛にはないおいしさを味わえる。 おすすめの料理法は、ホ

続きを見る

ベーコンのうま味が生きるアレンジレシピ

○ベーコンを「ダシ」とするおもてなしメニュー ベーコンは、いわば西洋版カツオ節。料理の「うま味ダシ素材」としてばんばん使おう。 たとえば、煮物、スープ、炒め物などに加えると、香ばしい風味、ほどよい

続きを見る

コンビーフの缶詰でおもてなしメニュー

○フランス風〈コンビーフのゼリー寄せ〉 缶を型に使うところがミソ。簡単だけど、本格フレンチの前菜風でおもてなし。 コンビーフの缶詰をあけ、缶の底にコンビーフを半分残してあとはとりだす。 空いた・ス

続きを見る

コーンの缶詰で簡単クッキング

○風味絶妙〈オクラとコーンのポン酢おろし〉 おろしの辛味で野菜の甘味がひきたつ絶妙なおもてなしの一品。 熱湯を通して小口切りにしたオクラ、汁気をきったコーン、軽く水気をきった大根おろしをあえ、食べ

続きを見る

アサリやホタテ缶詰で本格おもてなし料理

○これは旨い〈大根とホタテのわさびサラダ〉 ワサビをきかせて、大人の味のおもてなしサラダ。 千切りにした大根4分の1本に塩を少々 ふり、しなっとしたら水気をきる。  ほぐしたホタテ貝柱の水煮、缶汁

続きを見る

googie_ad


にほんブログ村 料理ブログ おもてなし料理へ 人気ブログランキング

follow us in feedly最新の更新情報
PAGE TOP ↑
源泉分離課税